総合トップ > かごしま国体 > 競技別リハーサル大会 > 第144回九州地区高等学校野球大会

第144回九州地区高等学校野球大会

※準決勝・決勝のみリハーサル大会とする。

大会の概要・歴史など

 野球は自分でプレーをしたり、テレビや球場で観戦したりと、大人から子供まで全国的に人気の高いスポーツで、その中でもとりわけ多くのファンを持つのが、高等学校野球です。2020年開催の燃ゆる感動かごしま国体では、鹿児島市で高等学校野球(硬式)、出水市で高等学校野球(軟式)と、2種別の開催が予定されています。高等学校野球(硬式)は、第144回九州地区高等学校野球大会の準決勝・決勝をリハーサル大会として開催します。今大会は、九州地区から春の選抜に出場した5校、開催地(鹿児島)枠4校、福岡枠3校、その他6県から1校ずつ、計18チームがトーナメント方式で優勝を目指します。九州地区強豪校の球児たちが繰り広げる熱い戦いをぜひご覧ください。

大会の話題・大会全般の予想など(注目チーム・選手の紹介,連続記録,優勝候補など)

 鹿児島県はそれぞれ特徴のある4校が出場する。まず、制球力に優れた田中投手と切れ目の無い打線で投打に安定している神村学園が注目チームの筆頭である。続く鹿児島実業も強力打線で、センバツ4強の大分明豊を攻略できるかが鍵となる。14季ぶりの出場となる鹿児島商業、尚志館も打線が魅力でいかに守るかが課題である。春のセンバツ大会に出場した5校との激戦が予想され目が離せない。筑陽学園の福岡選手は、平成6年夏の甲子園大会準優勝の樟南福岡投手を父に持つ鹿児島ゆかりの選手である。

鹿児島県チーム・選手の紹介・予想など(注目選手,過去の成績等)※全国・西日本・九州大会のみ

神村学園高等部・・・2季連続20回目の出場(過去優勝2回)
鹿児島実業高等学校・・・3季ぶり54回目の出場(過去優勝7回)
尚志館高等学校・・・12季ぶり4回目の出場(過去優勝0回)
鹿児島商業高等学校・・・14季ぶり47回目の出場(過去優勝1回)

その他(参加監督・選手の声など)

鹿児島県の代表として恥ずかしくないように、力いっぱい全力で戦います。
ご声援よろしくお願いいたします

ページトップへ