総合トップ > キッズページ

キッズページ

かごしま国体クイズ

国体こくたいとは

国体こくたいとは、国民体育大会こくみんたいいくたいかいみじかあらわした言葉ことばで、毎年開まいとしひらかれている国内最大こくないさいだいのスポーツの祭典さいてんです。おおくの人々ひとびとがスポーツにふれ、たのしむことをとおして健康けんこう元気げんきになってもらうことやみんなの生活せいかつあかるくゆたかにすることが目的もくてきです。

国体こくたい歴史れきし

国体こくたいは、第二次世界大戦だいにじせかいたいせんあと、スポーツをとおしてみんなに勇気ゆうき希望きぼうをもってほしいというねがいのもと、昭和しょうわ21ねん(1946ねん)、戦争せんそう被害ひがいすくなかった京都きょうと中心ちゅうしんだい1回大会かいたいかいひらかれました。

その国内最大こくないさいだいのスポーツの祭典さいてんとして、各都道府県かくとどうふけん順番じゅんばん国体こくたいひらかれるようになり、みんなにスポーツを広めたりスポーツができる場所ばしょ建物たてものととのえたりするなど、日本にほんのスポーツかいげてきました。

太陽国体たいようこくたい 

鹿しまけんでは、しょう47ねん(1972ねん)にだい27かいこくみんたいいくたいかいひらかれました。

あいしょうは「たいようこくたい」。「あかるく、たくましく、うるわしく」のスローガンのもと、鹿しまけんせんしゅだんは、てんのうはいだんじょそうごうせいせきだい)とこうごうはいじょそうごうせいせきだい)をとることができました。
たいようこくたいは、鹿しまけんせんしゅのがんばりやけんみんのみなさんのきょうりょくでたいへんすばらしいたいかいとなり、そのあとけんぜんたいげるおおきなちからとなりました。

ゆる感動かんどうかごしま国体こくたい

2020ねんだい75かいこくみんたいいくたいかい鹿しまけんひらかれます。たいようこくたいから48ねんぶりとなり、あいしょうは「ゆるかんどうかごしまこくたい」、スローガンは「あつどう かぜみなみから」です。どうねんにはとうきょうオリンピックがひらかれるため、オリンピックせんしゅが「ゆるかんどうかごしまこくたい」にさんすることもたいされています。

にっぽんじゅうからスポーツせんしゅおうえんするひとなどがあつまってきます。こころのこもったおもてなしでおむかえし、みんなでちからわせてこくたいげましょう。

全国障害者(ぜんこくしょうがいしゃ)スポーツ大会(たいかい)とは

 障害(しょうがい)のある選手(せんしゅ)がスポーツを(たの)しむこと,(まわ)りの(ひと)たちに障害(しょうがい)について理解(りかい)してもらい,障害(しょうがい)のある(ひと)たちがもっと社会(しゃかい)活躍(かつやく)できるようになることを目的(もくてき)(ひら)かれる国内(こくない)一番(いちばん)(おお)きな障害者(しょうがいしゃ)スポーツの大会(たいかい)です。

全国(ぜんこく)障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会(たいかい)歴史(れきし)
 昭和(しょうわ)40(ねん)(1965(ねん))に「(だい)1(かい)全国(ぜんこく)身体(しんたい)障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会(たいかい)」が,平成(へいせい)(ねん)(1992(ねん))に「(だい)1(かい)全国(ぜんこく)知的(ちてき)障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会(たいかい)」が(ひら)かれました。その()平成(へいせい)13(ねん)(2001(ねん))に2つの大会(たいかい)一緒(いっしょ)になり,「(だい)1(かい)全国(ぜんこく)障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会(たいかい)」が宮城県(みやぎけん)(ひら)かれました。

鹿児島県(かごしまけん)での開催(かいさい)

 昭和(しょうわ)47(ねん)(1972(ねん))の太陽(たいよう)国体(こくたい)(あと),11(がつ)11(にち)から12(にち)にかけて,(だい)(かい)全国(ぜんこく)身体(しんたい)障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会(たいかい)鹿児島市(かごしまし)(ひら)かれました。
 「全国(ぜんこく)障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会(たいかい)」としては,2020(ねん)(だい)20(かい)大会(たいかい)鹿児島県(かごしまけん)での(はじ)めての開催(かいさい)です。

県民運動(けんみんうんどう)

 県民(けんみん)運動(うんどう)として,イベントやボランティアに参加(さんか)してみんなで()()げたり,おもてなしをしたりします。開会式(かいかいしき)(へい)会式(かいしき)参加(さんか)したり,各会場(かくかいじょう)でのぼり(ばた)()てて応援(おうえん)したり,大会(たいかい)運営(うんえい)ボランティアや選手団(せんしゅだん)サポートボランティア,情報(じょうほう)支援(しえん)ボランティア(聴覚(ちょうかく)障害(しょうがい)のある(ひと)手話(しゅわ)筆談(ひつだん)情報(じょうほう)(つた)えるボランティア)などで大会(たいかい)(ささ)えたりします。また,(まち)をきれいにしたり,(はな)(そだ)てたりして,鹿児島(かごしま)素晴(すば)らしいところを紹介(しょうかい)したりもします。

()ゆる感動(かんどう)かごしま大会(たいかい)とは

 (だい)20(かい)全国(ぜんこく)障害者(しょうがいしゃ)スポーツ大会(たいかい)愛称(あいしょう)は「()ゆる感動(かんどう)かごしま大会(たいかい)」。
 2020(ねん)の「()ゆる感動(かんどう)かごしま国体(こくたい)」のすぐ(あと)の10(がつ)24(にち)(())から26(にち)((げつ))にかけて鹿児島県(かごしまけん)(ひら)かれます。
 同年(どうねん)には東京(とうきょう)オリンピック・パラリンピックも(ひら)かれます。東京(とうきょう)オリンピック・パラリンピック,かごしま国体(こくたい)感動(かんどう)興奮(こうふん)をかごしま大会(たいかい)()()げるよう,みんなで(ちから)()わせて()()げましょう。

()ゆる感動(かんどう)かごしま大会(たいかい)正式競技(せいしききょうぎ)

 個人(こじん)競技(きょうぎ)では,陸上(りくじょう)競技(きょうぎ)水泳(すいえい),アーチェリー,卓球(たっきゅう),フライングディスク,ボウリングの6競技(きょうぎ)があります。フライングディスクや卓球(たっきゅう)のサウンドテーブルテニスなど,国体(こくたい)では(おこな)われない競技(きょうぎ)もあります。
 団体(だんたい)競技(きょうぎ)では,バスケットボール,車椅子(くるまいす)バスケットボール,ソフトボール,グランドソフトボール,バレーボール,サッカー,フットベースボールの7競技(きょうぎ)があります。バスケットボール,バレーボール,サッカーなど,国体(こくたい)とほとんど(おな)じルールで(おこな)競技(きょうぎ)もあれば,グランドソフトボールなど障害(しょうがい)特徴(とくちょう)()わせた競技(きょうぎ)もあります。

ページトップへ