総合トップ > 後催県との交流推進事業

後催県との交流推進事業

「燃ゆる感動かごしま国体(第75回国民体育大会)」,「燃ゆる感動かごしま大会(第20回全国障害者スポーツ大会)」は, 10年余りの期間をかけて準備されていましたが,開催目前に,新型コロナウイルス感染症の影響により,2020年秋には開催しないことが決定しました。

しかし,その後の調整で,2023年に延期して「特別国民体育大会」,「特別全国障害者スポーツ大会」として開催することが決定しました。

かごしま国体・かごしま大会の2023年開催は,我が国のスポーツ界はもとより,日本全体で痛みを分かち合い,みんなでカを合わせて乗り切るという想いのもと, 日本スポーツ協会・日本障がい者スポーツ協会・スポーツ庁・鹿児島県の主催4者での協議や,佐賀県・滋賀県をはじめとする後催県との調整等を行い, ご理解とご賛同をいただき決定したものです。

鹿児島県の苦境にご理解いただき,2023年の両大会の開催にご協力いただいた後催県の皆様に,心から感謝を申し上げます。

佐賀県との交流はこちら
滋賀県との交流はこちら
青森県との交流はこちら
宮崎県との交流はこちら

最新の交流情報

鹿児島・佐賀エールプロジェクトについて

KAGSAGロゴマーク

令和5年(2023年)の「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」,
令和6年( 2024年) の「SAGA2024国スポ・全障スポ」の2年連続での九州開催と契機として,
様々な分野での関係深化を図り,
その絆を未来につないでいくプロジェクトを推進します。

ページトップへ