総合トップ > かごしま国体 > 競技別リハーサル大会 > 令和元年度全九州高等学校体育大会 第57回全九州高等学校水球競技大会

令和元年度全九州高等学校体育大会 第57回全九州高等学校水球競技大会

競 技 名 水泳(水球)競技 競技会期 令和元年7月6日(土)~7日(日)
開 催 地 鹿児島市 競技会場 鴨池公園水泳プール
大 会 名 令和元年度全九州高等学校体育大会 第57回全九州高等学校水球競技大会

大会の概要・歴史

 水球競技は、プールに設けられた水深2m、縦30m×幅20mのコートで、競泳のように速く泳ぎながら、手でバレーボール大のボールを扱って、シュートやパス、相手のマークなどの攻防を繰り広げながらその得点を競う。また、水面下でも激しい攻防や駆け引きが行われ「水中の格闘技」と呼ばれ、大変ハードなスポーツである。ゴールキーパー1人を含む7人1チームで対戦するが、試合時間は1ピリオド正味8分を4ピリオド行い、4ピリオドで勝敗がつかない場合はペナルティ・シュート戦で決定する。「体力」、「技術」のほかに試合に勝つためには「戦術」が重要な要素となる。
 今年で57回目となる本大会は、2019年の茨城国体から女子種別が新規導入されることから、2日目にエキシビションマッチとして、女子チームと男子ジュニアチームの対戦が組まれている。

大会の話題・大会全般の予想

 本大会は、今年那覇市で開催される「南部九州総体2019」の九州地区予選であり、また来年9月の「燃ゆる感動かごしま国体水泳(水球)競技」のリハーサル大会として位置づけ、鴨池公園水泳プールで開催する。各県の予選を突破し、参加資格を得た12チームが参加する。各県競技人口やチーム数は多くはないが、ジュニア世代の育成が充実しており、参加選手の中には、ジュニア当時に全国大会で活躍した者もいる。特に、沖縄県と鹿児島県は2018年度のU-15やU-17の全国大会に出場しており、2つの大会の九州地区ブロック予選会において決勝戦で戦っている。今回もこの2チームを中心とした激しい戦いが繰り広げられるものと思われる。

鹿児島県チーム・選手の紹介・予想

 鹿児島県からは、本県に唯一水球部がある県立鹿児島南高等学校が出場する。鹿児島南高等学校の水球部は、昭和43年創部で半世紀を過ぎ、県水球界の牽引役であり、国体やインターハイでの優勝回数も多く、昨年の福井国体でも優勝している。今年のチームも3月の全国大会で優勝しており、これから行われるインターハイと茨城国体の2冠を狙っている強豪校である。
 注目選手は、今年3月に行われたU-17の全国大会でベスト7に選ばれたゴールキーパーの木之下歩夢選手、フィールドプレーヤーの田村瑞希選手と荻原大地選手である。ほかにも優秀な選手が多く、
地元開催の九州大会優勝そして「南部九州総体2019」での優勝を目指している。

その他

 鹿児島南高等学校の江口朝永監督は、同校出身で競技経験や監督経験も豊富であり、地元大会であることから優勝しか視野に入れていない。さらに今年の茨城国体、来年の「燃ゆる感動かごしま国体」での優勝を目指している。
 鴨池公園水泳プールでは、普段は見ることのできない水球競技の公式競技を、多くの方に観戦していただきたい。燃ゆる感動かごしま国体のリハーサル大会であることから、歓迎のぼり旗を立て、おもてなしとして無料ドリンクコーナーを設ける。

ページトップへ