総合トップ > かごしま大会 > 実施競技 > 車椅子バスケットボール(身)

車椅子バスケットボール(身)

体障害のある選手が出場できる競技です(男女区分なし)。

  • 車椅子を使用して5人で競技します。
  • ルールは一般のバスケットボールとほぼ同じで10分間のピリオドを4回(合計40分間)行います。
  • ダブルドリブルはありませんが,ボールを持って3回車輪をこぐとトラベリングとなります。
  • 選手は障害程度により,1.0~4.5の持ち点が決められており(数字が小さい方が重い障害),コート内の5名の選手の持ち点合計は14点以下と定められています。

競技会場等予定施設

障害区分 会場地市 予定施設
いちき串木野市 いちき串木野市総合体育館

地図

ページトップへ