実施競技

実施競技

 公益財団法人日本障がい者スポーツ協会が定める「全国障害者スポーツ大会競技規則」に基づき,個人6競技,団体7競技の合わせて13競技を正式競技として実施するほか,障害者スポーツの普及の観点から有効と認められる競技をオープン競技として実施します。

正式競技(13競技)

個人競技

陸上競技(身・知)
水泳(身・知)
アーチェリー(身)
卓球(身・知・精)※サウンドテーブルテニス(身)を含む
フライングディスク(身・知)
ボウリング(知)

団体競技 

バスケットボール(知)
車椅子バスケットボール(身)
ソフトボール(知)
グランドソフトボール(身)
バレーボール(身・知・精)
サッカー(知)
フットベースボール(知)

(注)「身」は身体障害者が出場できる競技
「知」は知的障害者が出場できる競技
「精」は精神障害者が出場できる競技

オープン競技

 広く障害者スポーツを普及する観点から有効と認められる競技について,主催者間で協議のうえ実施します。

ページトップへ