総合トップ > 東串良町立柏原小学校で「出張授業」を開催しました!

東串良町立柏原小学校で「出張授業」を開催しました!

2023年(令和5年)に開催される「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」について県内の児童・生徒の皆さんに知ってもらうため,「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会出張授業」を行っています!

11月2日(火)は,東串良町立柏原小学校で「障害者スポーツ体験」を行いました。

 

柏原小学校の4年生10名と,柏原地区の地域住民の方8名の計18名が参加し,
スラローム(陸上競技),ボッチャ,アキュラシー(フライングディスク)の3競技に挑戦しました!

 

この日のために,総合的な学習で事前に「ボッチャ」について学習したという児童の皆さん。
判定をする前に「これって○点ですよね」と審判に尋ねるという場面も見られました。
地域住民の方も夢中になり,こどもたちと声を掛け合いながら熱戦を繰り広げていました!

スラロームのコーナーでは,慣れない車椅子の操作に戸惑いながらも和気あいあいと挑戦していました。
終盤ではお互いにタイムを計りながら,「あと少しでゴールだよ,頑張って!」などと声援を送っていました。

アキュラシーのコーナー。最初はなかなかうまく飛ばすことができず,「あー,全然違う所に飛んじゃった」などという会話がありましたが,練習回数を重ねるごとに,「おー!すごい!」という声が多くなり,コツをつかんでいた様子でした。

 

 

柏原地区では,定期的に小学校と地域住民の方との交流学習が行われ,「むかしあそび」などを通し交流を深めているそうです。

今回の交流学習に「出張授業」を取り入れてくださった柏原小学校の先生方,参加してくださった4年生の皆さん,柏原地区の皆さん,ありがとうございました!

今後も感染症対策をしっかり行いながら,県内各地の学校で出張授業を行います。

 

障害者スポーツについて知りたい方はこちら!

ページトップへ