総合トップ > 日置市立和田小学校で「出張授業」を開催しました!

日置市立和田小学校で「出張授業」を開催しました!

2023年(令和5年)に開催される「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会」を県内の児童・生徒の方に
知ってもらうため,「燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会出張授業」を行っています!

10月15日(金)は,日置市にある和田小学校で開催した障害者スポーツ体験に、
3年生から6年生までの児童7名と,先生方に参加していただきました。
  

障害者スポーツ大会や「心のバリアフリー」についての説明のあと,いよいよ競技の体験です!
まず車椅子を使用した「スラローム」では、「あと少しだよ,頑張って!」「もう少しこっちに行かないとピン(旗門)が倒れちゃうよ!」とお互い声を掛け合いながらゴール!

 
  
先生方にも声を掛けたり,預かっていたカメラで先生を撮ったり楽しんでいる様子でした。

   

続いて、フライングディスクを使い,円形のゴールに入れる「アキュラシー」に挑戦。
ルールはシンプルですが,コントロールが難しい競技です。ゴールに入った時は拍手や歓声があがっていました。
   

最後は「ボッチャ」。以前、授業で体験したことがあるようで,作戦や投げ方などを工夫し,先生からも「しっかり考えてねらってね!」「いい作戦だね!」とアドバイスなどをもらいながら対戦していました。
    

最後はジャックボールの周りに集まり,みんなで点数を確認しました。ほぼ同じ距離の大接戦で競技が終了しました。
    

「障害者スポーツは,みんなが参加できるスポーツなのがいいところだと思う」「2年後に開催される『かごしま大会』で,障害者の方たちが実際にプレーするのを見るのが楽しみ」などの感想をいただき無事終了しました。

和田小学校の児童の皆さん,先生方,本当にありがとうございました!
今後も感染症対策をしっかり行いながら,県内各地の学校で出張授業を行ってまいります。

 

障害者スポーツについて知りたい方はこちら!

ページトップへ