総合トップ > 炬火リレー > 炬火リレーの流れ

炬火リレーの流れ

  • 採火式 令和2年8月10日(月・祝)

     炬火は県庁2階県民ホール前広場で太陽光から凹面鏡で採火され、薩摩・大隅・離島の3コースのリレースタート地点に向けて出発します。

  • 炬火リレー 令和2年8月11日(火)~8月29日(土)

     3コースに分かれた炬火は、翌11日から約20日間をかけて県内全市町村すべてを巡り、約8,600人の県民の参加により、リレーされます。

  • 集火式 令和2年9月5日(土)

     県内全市町村をリレーされた炬火は、アミュプラザ鹿児島AMU広場で集火されます。
     その後、県庁内で展示され、10月3日(土)の国体総合開会式で白波スタジアムの炬火台に点火されます。

  • 燃ゆる感動かごしま国体 総合開会式 10月  3日(土)
    燃ゆる感動かごしま大会 開 会 式 10月26日(土)

ページトップへ