総合トップ > かごしま国体 > 競技別リハーサル大会 > 2019年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会九州ブロックラウンド

2019年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会九州ブロックラウンド

             

競 技 名 バレーボール競技 競技会期 令和元年9月22日(日)~23日(月)
開 催 地 いちき串木野市 
鹿屋市
競技会場 いちき串木野市総合体育館
平和公園串良平和アリーナ
大 会 名 2019年度天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会九州ブロックラウンド

大会の概要・歴史

 天皇杯・皇后杯は昭和25年(1950年)に全日本9人制選手権大会に下賜されて以来、その賜杯は日本国内における最高チームに授与され続け、数々の試合や選手たちに栄誉を与えてまいりました。
天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会は、公益財団法人日本バレーボール協会に有効に登録されていれば誰でも参加することが可能です。バレーボールを行うすべての選手全てが日本一を目指せる壮大な大会です。

大会の話題・大会全般の予想

 男子は出場16チームで、代表2枠を争うことになる。昨年度代表の大分三好ヴァイセアドラー、東福岡高等学校を軸に試合が展開されるだろう。昨年度グループ2位の鎮西高等学校、大村工業高等学校も力があり、十分に代表枠獲得が期待できる。
 女子は、出場15チームで、代表3枠を争うことになる。どのチームも実力は拮抗しているが、鹿屋体育大学が一歩リードか。

鹿児島県チーム・選手の紹介・予想

 鹿児島県 男子・・・鹿児島城西高等学校
           鹿児島大学
      女子・・・鹿屋体育大学
           鹿児島女子高等学校
           鹿児島南高等学校
 5チームがブロックラウンドの出場となる。
 今大会の男子の部では、九州総合県予選(高校の部)を制した鹿児島城西が代表枠獲得を十分狙える。初出場の鹿児島大学もダークホースになるだろう。女子の部は、どのチームも代表枠を争える名実ともに実力のあるチームである。
 

その他

 試合終了後、代表枠獲得チームの監督及び選手にコメントをもらう予定。

ページトップへ