総合トップ > かごしま国体 > 競技別リハーサル大会 > 令和元年度男子第64回 女子第63回全日本実業団ソフトテニス選手権大会

令和元年度男子第64回 女子第63回全日本実業団ソフトテニス選手権大会

競 技 名 ソフトテニス競技 競技会期 令和元年7月27日(土)~28日(日)
※予備日:令和元年7月29日(月)
開 催 地 鹿児島市 競技会場 東開庭球場、郡山総合運動場テニスコート
大 会 名 令和元年度男子第64回 女子第63回全日本実業団ソフトテニス選手権大会

大会の概要・歴史

 全日本実業団ソフトテニス選手権大会は、昭和31年に男子第1回大会が開かれ、今年で男子64回目、女子63回目を迎えます。ソフトテニス(軟式庭球)は、老若男女を問わず幅広い年齢層が楽しめる日本を発祥とするスポーツで、約700万人の愛好者と54万人の競技人口を数えるまでになりました。
 今大会では、ダブルス3ペアを1チームとする団体戦を行います。ダブルスの魅力は、ペアを組んだパートナーと互いに協力して攻守を行うところにあります。後方にいるプレイヤーは、前方にいるパートナーがポイントを決められるように速いボールやネットプレイヤーの頭上を越えるロブボールなど多彩な攻撃を織り交ぜながら、相手陣形を崩し、ミスショットを誘います。この配球により、前方にいるプレイヤーがスマッシュやボレーなど華麗なネットプレーを決めることができます。このコンビネーションプレイがダブルスの魅力です。

大会の話題・大会全般の予想

(男子)
 NTT西日本(広島)が現在4連覇中で、今年も全日本ランキングの上位の選手を揃えて優勝は確実とみられています。

(女子)
 ヨネックス(東京)が現在2連覇中で、今年も優勝候補の一番手です。昨年準優勝の東芝姫路(兵庫)も活躍が期待されます。

鹿児島県チーム・選手の紹介・予想

(一般男子)
 鹿児島市役所、京セラ鹿児島A、京セラ鹿児島B、鹿児島県庁の4チームが初出場となりますが、1回戦突破が目標です。

(一般女子)
 城山観光(株)が5回目の出場で、来年の国体を目指して強化中であり、今年は日本リーグに昇格し、最も充実していると思われます。全九州大会優勝の齊藤・元村ペア、全日本シングルス3位の加選手などの活躍が期待され、優勝を目指しています。

ページトップへ