総合トップ > かごしま国体 > 競技別リハーサル大会 > 2019年度全日本社会人ホッケー選手権大会

2019年度全日本社会人ホッケー選手権大会

競 技 名 ホッケー 競技会期 令和元年9月14日(土)~28日(水)
開 催 地 薩摩川内市 競技会場 樋脇屋外人工芝競技場
丸山自然公園
大 会 名 2019年度全日本社会人ホッケー選手権大会

大会の概要・歴史

 (公社)日本ホッケー協会・日本社会人ホッケー連盟主催で行われ、今年は男子が第61回、女子が第41回を数えます。前年度大会の上位シードチームと全国各地のブロック予選を勝ち抜いた男子26チーム・女子14チームが出場し、社会人ホッケー日本一を争います。
 トーナメント方式により、1位から4位までを決定し、上位4チームは全日本ホッケー選手権大会の出場権を得ることができます。

大会の話題・大会全般の予想

 本大会の出場選手には、多くの日本代表選手が名前を連ねており、来年の東京オリンピックに出場予定選手も多数参加しております。
 中でも、女子のソニー HC BRAVIA Ladiesは、現在2連覇中で、自身が保有する同大会最多優勝記録を更新した強豪チームであり、本大会でも優勝候補の一角として期待されています。
 男子は、2015年に結成された若いチームながら、LIEBE栃木が昨年の同大会で初優勝を飾りました。勢いそのままに本大会も制することができるのか、はたまたその他シードチームやブロック予選を勝ち抜いてきたチームがLIEBE栃木の連覇を阻止し優勝するのか注目が集まります。

鹿児島県チーム・選手の紹介・予想

・ 樋脇ホッケークラブ
・ 鹿児島クラブ

その他

ホッケー組合表
監督
・ 光桑野 靖彦(樋脇ホッケークラブ)                     
・ 爲藤 弘子(鹿児島クラブ)

ページトップへ