page top

文字の大きさ 小 中 大

リンク集   サイトマップ

かごしま国体クイズ

国体こくたいとは

国体こくたいとは、国民体育大会こくみんたいいくたいかいみじかあらわした言葉ことばで、毎年開まいとしひらかれている国内最大こくないさいだいのスポーツの祭典さいてんです。おおくの人々ひとびとがスポーツにふれ、たのしむことをとおして健康けんこう元気げんきになってもらうことやみんなの生活せいかつあかるくゆたかにすることが目的もくてきです。

国体こくたい歴史れきし

国体こくたいは、第二次世界大戦だいにじせかいたいせんあと、スポーツをとおしてみんなに勇気ゆうき希望きぼうをもってほしいというねがいのもと、昭和しょうわ21ねん(1946ねん)、戦争せんそう被害ひがいすくなかった京都きょうと中心ちゅうしんだい1回大会かいたいかいひらかれました。

その国内最大こくないさいだいのスポーツの祭典さいてんとして、各都道府県かくとどうふけん順番じゅんばん国体こくたいひらかれるようになり、みんなにスポーツを広めたりスポーツができる場所ばしょ建物たてものととのえたりするなど、日本にほんのスポーツかいげてきました。

太陽国体たいようこくたい 

鹿しまけんでは、しょう47ねん(1972ねん)にだい27かいこくみんたいいくたいかいひらかれました。

あいしょうは「たいようこくたい」。「あかるく、たくましく、うるわしく」のスローガンのもと、鹿しまけんせんしゅだんは、てんのうはいだんじょそうごうせいせきだい)とこうごうはいじょそうごうせいせきだい)をとることができました。
たいようこくたいは、鹿しまけんせんしゅのがんばりやけんみんのみなさんのきょうりょくでたいへんすばらしいたいかいとなり、そのあとけんぜんたいげるおおきなちからとなりました。

ゆる感動かんどうかごしま国体こくたい

へいせい32ねん(2020ねん)にだい75かいこくみんたいいくたいかい鹿しまけんひらかれます。たいようこくたいから48ねんぶりとなり、あいしょうは「ゆるかんどうかごしまこくたい」、スローガンは「あつどう かぜみなみから」です。どうねんにはとうきょうオリンピックがひらかれるため、オリンピックせんしゅが「ゆるかんどうかごしまこくたい」にさんすることもたいされています。

にっぽんじゅうからスポーツせんしゅおうえんするひとなどがあつまってきます。こころのこもったおもてなしでおむかえし、みんなでちからわせてこくたいげましょう。